備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

馬鹿は風邪を引かないのか

「馬鹿は風邪を引かない」なぞと言いますのは、世間様に広く行き渡ったところで御座いますが、やはりそこは人の子ですから風邪を引いてまいります。 およそ釣り師なぞと言いますのは、世間様からの扱いは「ああ、釣り師か」ぐらいの扱いで、社会の隅っこのほ…

神様・・上納金は付けにしてくれまいか・・・

秋たけなわとなって、あちこち催し物の多い事となって参ります。 なんといいましても祭りということで御座いまして、どちら様も浮き足立ったところで賑わって参ります。 最近の祭りといいますのは、いたって健康的で参加するよりも端から眺めると言うのが多…

男はつらいよ  泣きの涙で買うものもある

秋とも成りますと、釣り師は大層忙しいもので御座いまして、魚の勢いなど出てまいるのですから、これをほっておく手は御座いません。 釣り師などと申しますのはどれもこれも都合よくばかり考える事で、頭の中は早大漁、そう易々とは行かぬ現実には目もくれぬ…

このブログは漢字が多いいので理解しにくいと豚カツ屋が言うのだが・・

今日も雨であるところで、今年は秋本番が 無いのではないかと思う次第で御座います。このまま冬に突入など情緒の欠片も無いのはちょいとばかり不都合なところと言う事になって参ります。 釣りにとって大敵は雨風もあるところですが、天候の偏った異変などと…

釣り師も広島カープを応援してきた!

秋が最中と言うところで御座いまして、釣り師も忙しい事と成って参ります。 今年はどういうわけか雨が多いところとなっておりまして、こちらの都合は押し付ける所が御座いません、腹立ち紛れにお天道様をうらむと言う事に成って参るのですが、所詮天気を変え…

津軽三味線 高橋竹山さんと 釣り師  その4 釣り

長々このお話の続くところで最終回と成って参るのです。 竹山さんは演奏される時意外は少なくとも我々には普通のいいお爺ちゃんだった。 関係者も数度お会いしたり送迎するうちに打ち解けて、相変わらず青森の方言は理解不能だったが、分からないなりに会話…

津軽三味線 高橋竹山さんと 釣り師  その3 神戸地震

福山に竹山さんをお迎えしたのは都合四度のことだった。 最初はいかんせん右も左も、その上前後も分からぬ無謀な企て、あちこち綻ぶところで 冷や汗をかいてまいります。 このような催しは一人の手では運営が無理なところ、知り合いなど70人ばかりを関係者…

津軽三味線 高橋竹山さんと 釣り師 その2 恐怖

竹山さんと直接合って話をしたのは数ヶ月後の事と成って参ります。 話をしたといいましても竹山さんとはほんの挨拶程度の事、なんせ敵は難解な外国語を操り押し付けて参る青森の人ということで御座います。 てんで話に成らないとはこのことで御座います。何…

津軽三味線 高橋竹山さんと  釣り師   その1  出合い

思い込みというのはどちら様にもある事で御座いまして、大概が現実と大層違う事となって驚いてまいります。 これとよく似たものが勘違いというのもあるところで、こちらは粗忽者が事を急ぐあまり早々と、何の裏づけも無いところで思い込んだりいたしますもの…

一生美味い物を食わせる! と釣り師は言ったのだが、どうも微妙に勘違いしている

世の中勘違い思い違いというものはそこらじゅうに有るものでして、当初の思惑が外れますと、随分と恥ずかしく落胆するもので御座います。 今年の秋はどうしたものか雨が続く事になって、釣り師の一向、心晴れやかにとは参りません。上手も下手糞も空を眺めて…

船頭は250万円の借金をどう返そうとしたか・・

そろそろ本手の秋を迎えることと成りますと、次第に気になるのが隣は何をする人ぞ、ということに成って参りまして、人様の振りが気になって参ります。 そこに行きますと釣り師の秋なぞと言いますのは、到って分かりやすく、やはり釣りで御座いますから、どち…

「老人と海」 孫に先を越された釣り師はこう足掻いて参りました

秋と言う事で世間様はそれぞれ「秋」を確かめに散策するところで御座います。 釣場におきましても、秋の魚ということに成って参りまして、それは気候も良しく賑わいを増すところで、欲の皮を目いっぱい張ったところで出っ張って参ります。 大概が当てが外れ…

立て篭もる銀行員と白壁の夜鷹

「えぇ雨じゃったですねえ・・」、ずぶ濡れに成りながら嬉しそうに入って来たのは、まだ見習いを少しばかり修行した銀行員でして、挨拶も世間慣れをしていないところと成っております。 上辺ばかりのぎこちないせりふを言い回しながら、突然の雨に濡れた身体…

そりゃあ持分でそれぞれ都合のあるところだ

人様には様々持分と言いますものが有りまして、それぞれ腐心いたすところで御座います。 一人の人間が全て仕切って執り行うなど、それは不可能な事でそれぞれの本手にゆだねるところと成って、お互い不足のところなど補って参ります。 釣り師にいたしまして…

釣場では邪魔な魚が邪魔をしないと釣れない訳

飽きもせず釣りなど続ける物ですから、世間様からはあきれ返られるところで御座いまして、一定程度の距離を置かれるところです。 距離を取った堅気の衆、釣りなんぞは釣り師の領分、馬鹿な世迷いごとなどとっとと任せて包丁など研いでおります。世間様がそれ…

カープが優勝した次の日の釣場の顛末

世の中にはよく「何年ぶり」とか申します事がありまして、どちらにいたしましても久しぶりに遭遇する事で大層喜んで参ります。 人間よくしたもので、無いと成ったら途端に欲しくなる、無いものねだりと言う事で御座います。 子共の頃、秋の山には松茸が、無…

釣り師と宗教  「船頭 浮気はいけんじゃろう」

秋が少しばかりもったいぶって姿を見せて参りますと、どちら様も夏とは違う期待がほのかに漂うので御座います。 相も変わらず釣りに呆ける釣り師も、今まで一番良かった秋だけを思い出してまいりまして、独りよがりで勝手な妄想を膨らますこととなって参りま…

釣り場で釣り師はこれを恐れる

釣り師といいますのは、他に気の効いた芸などなかなか持ち合わせぬところで、そこはやはり釣りをするので御座います。 これを世間様では褒め言葉で「馬鹿の一つ覚え」などと申しまして、賞賛するところで御座いまして、今日も埒の明かぬことに精出してまいり…

釣れないから突くのか、突くから釣れないのか 釣り師から突き師に成った釣り師

宙釣りの前川君、梅雨メバルもお終いと成ったところで手持ちぶたさと成るのでした。 前川君と言えば、海中の中層にいる魚にとっては随分迷惑な人物である事で、あれやこれやの手練手管で、今日も海中の魚を煙に巻いて参るので御座います。 魚の習性を知り尽…

瀬戸内海は逃げられない! 「いつでも 何処でも なんとでも 」 

物事に凝るということは、個人の思い込みを他人に知らしめたいという顔が有りますもので、これを突き抜けると他人の顔など気にならなくなりますから、立派な世捨て人ということに成って参ります。 凝りあげた人と言うのは、たやすく他人の手出しが出来ぬこと…

釣り師の大往生

釣りと申しますもの老若男女、物心付いたのから後期高齢者にいたるまで、それは多種多様な人の思惑で賑わって参ります。 一方釣られる魚のほうといいますと、小さいのはメダカから大きいのはマグロ・カジキなど、釣れたら赤子の手をひねるようなものから、競…

酷暑の釣り師 「おとなしく白状してもらおうか」 

本日も暑い中、釣り師の出船前と言う事で御座いまして、罰当たりの面々集うところとなって参ります。 この暑い中で御座います、余程の好き者か世間知らずの素人しか出頭はして参りませんで、あら方は暑さに引き篭もるのです。 朝もやの島の食堂、漁師好みの…

釣り師が最後にたよるもの

暑い!から「熱い!」になって、最近では「アジ~イ~」となっておるのですから、もはや正常な人間とはいえませんで、なかば鍋の中のごろごろしたふかし芋という按配で御座います。 釣場なども日に焼けて前後の分からぬ奴、脱力してふやけた挙句力なく座り込…

「猿でも成れるレギュラーに」の落とし穴

今年は暑さの中で、スマホ片手に夢遊病者のように、ふらふらと歩き回る人の増えたところで御座います。 夜駅前に行く用事が有ります。いつもとそれは雰囲気の違う事で、大勢の挙動不審者が大勢居ります、挙動正常者が少数成るが故の肩身の狭さ、一歩間違うと…

ウルトラマンや戦艦大和と対峙する釣り師

暑さが厳しいと申しますのはどちら様も同じで、時節の挨拶など頭にどうしても「暑い!」と言う言葉が入ってまいります。 釣場と申しますのは大概が炎天下のもとで行われるものでして、釣り師といえば海上で天から干、終いにはくすんだ釣り師の日干しというこ…

竿師に成った釣り師の 「エビすくいタモ」 その4

さて最後に紹介するのは「エビすくいタモ」です。 エビを生かしておいたクーラーから、このタモでエビを小出しにして使います。 材料は篠竹の細いものを使います。全長が40センチばかりの物ですから、細身の竹ということに成ります。 この矢竹とも言うので…

竿師に成った釣り師の  「玉網」 その3

お前さん、又豪勢に作ったところでどうなさる、釣具がこんだけ有ると死ぬまで使い切れん、あの世の宛がい扶持かい、と言われる所ですが勢いに任せて作り上げたのですから、あて等有る訳はありません。 自分の使用するものはさておいて、さてどうするかと思う…

竿師に成った釣り師の 「団子杓」 その2

よくもまあ作る気になってといいながら製作途中では、「あの浪士の野朗が血迷ったところで又新しい手慰みを始めた」と、半ば悪口を広めるところで御座いまして、最後までは行き着くまい、が読みどころでした。 作る浪士様がこれは一番心当たりの有ったところ…

釣り師 竿師に成る! 釣具の自作を試みてみた その1

ここは少々説明のいる所でございまして、なにも浪士様が「アダルトビデオの男優」、つまり竿師に成ったと言うわけでは御座いません。 浪士様は釣り師で有りますから釣竿を作る「竿師」と言う具合に成るのでありまして、粗末な上とても鑑賞に堪えられるものを…

釣り師も驚く「神ってる」ドラッグストアーの販売員!

釣り師仲間にも凄腕と言われる一種「神ってる」と言われるやつがおりますもので、「あの野朗!・・」と半ば敬遠されながらも神がかった技を認められるところで御座います。 凄腕の中の凄腕と言いますのは、独自の技や着想を繰り出すもので、なかなかに凡人に…