読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣り師は好色か!

 

 巷間言われることに「釣り師は好色である」 と言うのがある。

 

 世間様に私は好色で御座いますなどと、あからさまに言い募るのは、浪士様のように慎み深いお方にとって耐え難いことである。 色のことなど、そこはかとなくほのめかすのが王道であって、品位の無い振る舞いは、これは下衆と呼ばれる範疇に入ってまいります。

 

f:id:akouroushix:20140922164101j:plain

 

 

 「 お前さん好色かい?」と言われれば はい とも いいえとも答え様が無いのですが、これはどうも比べるに比べようが無いからなのでしょうか?

 

 見るからに好色そうな人でも、実はそうでなかったりしますので外見ではありません。 「俺は好色だ」と言う人も案外だらしが無かったりしますので、言葉尻でも信用は出来ないのです。

 

 釣りは見えない海底の魚と駆け引きをやってまいります。見えないのですから、想像をたくましくするのです。

 

 これは今一度工夫するほうがよりよい効果があるな!

 これよりこれがいいな!

 これは食いつきが良かった!

 いままだ警戒しとるな!

魚が釣れぬときなど

 海底の構造が悪い、位置が悪いか! 良し網でも巻くか! などこれは致しませんが、釣り師のこと、考えついてもおかしくはありません。

 

 魚を釣るということに関しては、あれこれ常人が考えの及ばぬことまで考え試して見ます。執着したときの粘着力は瞬間強力接着剤より強く、粘っこいのです。

 

 さて、この釣り師が釣りをやめ、色のことなどに執着しますと、それはそれはあなた、・・・・・

 

 

 言っておきますが、あくまで腕のよろしい釣り師の事で御座います。決して普通の釣りをなさる方の事ではありません。