読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣りはスポーツなんでしょうか

 なんとも不思議な話なんですが、釣りは昔オリンピックの種目だったらしいんです。

何でも2日間釣って重量を競ったとありますから、IOC公認のスポーツだったんでしょう。

 

f:id:akouroushix:20141020113746j:plain

          海苔の養殖が始まって 釣り支度も変わってくる

 

 

 このほか絵画、建築、彫刻、凧揚げ、綱引き、音楽などもあったと言いますから、何を持ってスポーツかと言うことになってまいります。 これは書いていて恐ろしくなりましたぞ!

ブログを読まれている皆さん、今のところ話半分でお願いします。これがほんとなら

IOCなどと言う団体は、かなりのいかがわしい不純な団体と言うものでしょう。

 

 確かに釣りがオリンピックの種目ならどんな釣りにしろ、面白くなってくるのは間違いありません。釣りをなさいません人は「運」が作用するのに競技が成り立つかと思われるでしょうが、いえ腕が作用いたします。

逆に射撃、ヨット、スキーのジャンプなども風向きの「運」に作用されますからご心配に及ぶことでは有りません。

 

 今あるスポーツと呼ばれる競技を観ておりますと、テニスは相手が嫌がるように球を打ち返し、野球は「盗塁」「牽制球」、サッカーにいたっては相手が崩れた隙を狙って、ゴールを一人で守るキーパーに大勢で襲い掛かる。今のスポーツは泥棒が多勢に無勢で意地悪を競う、実に卑怯な振る舞いです。潔さなど微塵も無い、男のやることとは到底思えぬのです。

 

 正々堂々、潔く立ち会う、こうでなければなりませぬ。こうでなければとてもスポーツとは呼べませんで、そこに行きますと釣りなどと言います物は実に潔いスポーツではありませんか。東京の大会はこの競技で決まりです。

 

 「アスリート」実に耳障りのいい今風の言葉では有りませぬか。朽ち果てたような「釣り師」はやめて明日からは晴れてアスリートと呼ばれる身分になりましょう。

 

浪士様  「おい、随分と派手な撒き餌だな?」

 

浪 士  「工夫しました、猫の餌を混ぜてみました!」

 

 アスリートは、他人様より少しでも余計魚を釣りたいのです。ええほんの一匹でもです。そのためにはいろんな工夫をいたします。それが少々匂いたって他人様の鼻を曲げようが、ささやかな欲を満たすためには工夫です。一に工夫、二に工夫 三、四が無くて五に工夫。明るい明日が待っている。

 

 匂いたつ撒き餌を持って渡船場に現れた、工事現場の人足にベストを着せたようなアスリート、はたしてこれらが金メダルの表彰台に似合うものかどうか・・・・

 

    国際的に恥はかかれない。