読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣り師の釣り方と退職金!

 

 

 この記事をお読みいただいております方々に申し上げます。釣り師のことなどを書き連ねて、世情をお騒がせいたしておりますが、一部の方に大変誤解が生じておりますようで、今日はそのあたりでお時間を頂戴いたします。

 

f:id:akouroushix:20141122161458j:plain

 

 

 誤解と申しますのは、本記事に於ける釣り師の生息状況と、その生態に関してで御座います。ここに登場いたします釣り師といいますものはどうしようもなく哀れで無様な人間模様をさらしておりますが、これはそのままで御座いまして、書くに躊躇するような事がまだまだあります。ですから「釣り師」に関しましてはこれより程度が悪いほうにご理解いただけると実態がよりリアルに迫ってまいります。

 

 この釣り師と一般のごく普通の釣りをなさる方、「釣り人」で御座いますがこれは似て非なるもの、まったく別物で御座います。猿と人間ほどに違ってまいりますから、決して混同なさいませんように。家庭円満・家内安全のためには、ご主人が釣りをなさるのに反対をされてはなりませぬ。それは釣り人になろうとなさるのですから、健康健全良い趣味だからです。誤解なきよう申し上げます、本記事の登場人物、特に「釣り師」なるものは釣り人では御座いません。

 

 釣り人なるお方は、魚を釣られますと大層お喜びになります。大漁で型も大きければなおさらの事です。釣り師となりますと、これぐらいのことは意に介しませんで、なんにしても狙いの魚と狙いの大きさでないと承服するものではありません。

 狙いの魚が大きくても小さくても我慢が出来てまいりません。よほど大きい魚に糸を切られたとしても、狙いの型で仕掛けなど手当てをしているので執着などかけらもいたしません。これは切られて当然だからです。

 

 釣り師はあくまで、自分の目論見どうりにことが運ぶのを喜ぶ人種で御座いまして、釣れれば良いのでは御座いません。

 

 「師」が付く人の有り様は、詐欺師、山師、など当たれば大当たり、外れると何も無い丁半博打の様な生業が多う御座います。中には竿師などと申しまして釣竿を製作する真っ当で地道な職業も御座いますが、別の竿師ともなりますと、己が竿を振り回し、人様を楽しませる職業もありますから、一概に有りか無しかではありません。

 

 いずれにいたしましても、世間様の一般的な釣りとは違いまして、 病的にこだわってまいりますから事は厄介です。入り込みすぎてさる大手運輸業にお勤めの定年間近の人など、退職金を前借して釣りにつぎ込んでしまっています。ばれてしまっては殺されるのは目に見えていますから、定年退職など絶対出来ないのです。

死ぬまで雇ってもらうか、奥さんが先に死ぬか、とにかく誰かが鬼籍に入らぬ限り収まりの付かぬ八方塞りなのです。

 

 このように人生や社会の 「際」 「極」でしか生息の場所がないので其れは修羅の道としか言いようがありません。

おやどなたですか・?  「極道」とおっしゃったのは?

 

今確か聞こえたような?