読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣り師の道具  おや!

 

 

  釣りと申しますものは最低限針と糸、それに餌があれば成立するもので御座いまして、その他の物は釣りを便利にする道具という事に成って参りますからあくまで補助機能という事に成って参ります。

 

 この補助機能の竿やリールの類は、釣り師やメーカさんが血と汗と涙の結晶で改良に改良を加えてまいりまして、いまや立派な本筋と成ってまいりました。それらの性能がよくなって釣りにはもちろん欠かせないことと成っております。

 

 

f:id:akouroushix:20150723142712j:plain

 

 

 釣り師が並んで、今日も血眼という具合でして思惑が交錯しております。この釣り師、永年その渡世を踏んでおりますと、行き着く先は大体みな似通ったところと成ってまいりまして道具立てなどそれは似通ってまいります。

 

 釣り場で何人かは同じメーカーの同じ型番の竿、などと言う具合に成りまして思うところはみな同じ、違うのは顔かたちと財布の中身ということに成って参ります。

 

 

 さて釣り場の釣り師が持ちます「竿」、二つとして有る同じメーカーの同型の竿、よく見ますとそれぞれが微妙に違ってまいります。どういうことかと申しますと、それぞれ改良されたり、竿先が折れてやむなく全体を細く削ったものなど、それぞれ自分の手に合うように変身しております。長さなどまちまち胴の太さも違えばガイドの位置も違うのですから似て非なるものなのです。

 

 

 なかには新品の竿の竿先をひと関節、わざわざ折る人などおりまして、そりゃぁいくらなんでも酷いだろうと言いますと・・・

 

「なに、臭い匂いと竿先のトラブルは元から絶たなきゃぁだめ!」

と言い放ちます。

なんでも長い分、ガイドがひとつ余計にある。これが糸に絡んでふた関節辺りまで飛ばされるのはかなわないと言うのである。  剛の者も有ったものです。

 

 さて浪士様。 浪士様の竿も見た目は一緒、しかし細部に目を凝らしますともはや原型は御座いません。

その上、替えの穂先それぞれ違うものを3本御用意されています。それは小ざかしく用意されたもので、一本は釣り癖の付いた穂先。この穂先は新しいときから魚がよく食いつく癖が付いておりますから、いざと言う時の最終兵器。

次の一本は頃合も宜しく手に合っております。どちら様に見られても結構な代物です。

最後の一本、これは思惑がたっぷり乗った、秘密兵器。特定秘密に指定されており、知っているのは神様のみと言う一品です。これで他人を出し抜こうなどとよこしまな

お考えで作られたこの穂先はだれにも見せません。

 

おい、最近は神様のところから情報が漏れるんじゃあないかですって?

 

大丈夫 神様は お告げはしても告げ口はなさいません。 

 

 

 

 

akouroushix.hatenablog.jp