読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣り師は何に頼って釣りをするか!

 

 

 

 年中釣りをして、生活の中心に釣りがどっかり鎮座しております。

    釣り師たるもの、当たり前で御座いますが、どうして釣果をあげるかと言う事で頭の中は充満しておるので御座いまして、何処をどう見ても頭の中に他のものが御座いません、自然から手痛い仕打ちなど幾度と無く受けてはおりますものの、一向にめげないのですから生命力は、これはかなり強いので御座います。

 

 

f:id:akouroushix:20151024082542j:plain

 

 人間都合よく夢想いたしまして、夢など見ることでありますが、都合が都合よく行きましたらこれほど好都合と言う事は御座いませんが、なかなかに都合よくは参りません。

 

 釣り師にとって手を上げる、つまり手だれの名人に成ろうといたしますと、それは細かな事の積み重ねで御座いまして、神仏に頼るだの超能力に頼るだの、おまじないなどと言うのを持ち出す者もおりますが、こんなものはなんの役にもたちません、かえってなまじ頼ったりいたすものですから、はなはだ迷惑な存在と言う事であります。

 

 かなりの名人とも成りますとそれはコンスタントに事を成して参ります。しかしその名人をもってしてもどうにもならぬ日と言うのがありますもので、これが自然相手の手慰みで御座います。

 

 どうにも動きが取れなくなって不漁を託った釣り師など、思わず「海の水を全部かい出して、魚の野朗皆殺しにしてやる」と思わず乱暴に叫んだ人なども有るくらいですから、言う事を聞かぬは古女房と海の神なので御座います。

 

 さて不漁を囲った釣り師で御座いますが、まさか海の水を全部かい出すわけにも参りません。第一かい出した海の水の持って行き場が無いのですから、ここは努力して打開を図る意外に無い事なのですが・・・・

釣り師といいますものは釣る為に色々手段を講じて参ります。正攻法はやはり技術と知識の積み重ね、と言う事になりまして、後は邪道の手段と言う事に相成ります。

 

 邪道の手段には上記の手段に加えまして「必殺ゲンかつぎ」なる術というものが御座いまして、振り回してまいるので御座います。そしてどちらの釣り師も密かに使っておるもので御座います。

以前も書いておるところで御座いますが「ゲンかつぎ」のなかには、如何わしいもの、怪しい奴、臭い立つものなど御座いまして、世間のひんしゅくを買ってまいります。

 

  以前紹介いたしました「臭いたつゲンかつぎ」この御仁が新たな術など開発いたしまして、心機一転思うに任せぬ釣果の打開を図って参ります。

元々の術といいますものは何のことはありません、朝 用を足しまして充分に拭きません、要するに「うんが付く」と言う駄洒落に似たいたって幼稚で、何の知性のかけらも無いようなことでありまして、とてもまともに取り合うような代物では御座いません。

 

 その御仁、そっと新手の術を耳打ちいたします。事は臭い立つような臭気を伴うものでありますから、とても人様にあからさまに公言いたすと言う事は、はばかられる事でありまして、あくまでそっと耳打ちする事です。

 

 「あのな、家で一回用を足す。充分拭かずにうんを付け、ここが肝心、その時全部出さずに渡船場のトイレで残りの用を足して、ふふ ここでもうんを付ける」

 

と、こう言います。 いい年をした大人が真顔で言い放つのですから、釣り師と言いますのは始末に負えません。

 

「わかった、お前さんのは馬鹿馬鹿しいにも程が有る事だ、いいからちょっと離れろ」

こういいますとこの御仁かなり辛らつな追い討ちをかけてまいります。

 

「そうは言うが、あんたも釣れない日が続いてみろ、その上今日これでわしに釣れたらどうするね? あんたきっと同じことをするんじゃ!」

 

 いまいましいったら有りゃしません、この日はほとんどの人に釣果が芳しくありません。ああ いまいましい「うんが付いた男」がかろうじて釣果を得ているのですから、話は出来すぎなのです。

御仁薄ら笑いでご帰還です

 

 帰りの車中「うんを付けるか・・・・・」とよぎるのだが・・・・

 

 

akouroushix.hatenablog.jp