読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

自分の趣味と他人の趣味  釣り師の考察

 およそ他人の趣味は伺い知れぬもので、本人は大層入れ込んで気に入っておりますが本人が思うほど他人にとっては面白いものでは御座いません。又興味がわかないのに己の趣味を熱く語られても、かえるの面にしょんべん 大層迷惑なものです。

 

f:id:akouroushix:20140925164145j:plain

 

 趣味趣向などは持ち合わせませんと言う人でも、何がしかその人なりに興味を持ったりするものですからまったくの無趣味などと申しますことは御座いません。程度の差が錯覚させているのだと思うのですが。

 

 世の中には変わった趣味をお持ちの方がいらっしゃいます。又なんでそんな・・と言うやつです。 

 

 先日飛び込んできた営業マン、これは変わっております。 どう変わっているか。適当な木陰か何かでちょいと一眠りしている営業車を見つけます。営業車には社名と電話番号が入っております。適当な獲物が見つかりますとその会社に「もしもしお宅のナンバー0000の車の人00で様子が変です。なにやら苦しいのでは?連絡してみてあげてください」と御注進申し上げるのが趣味だそうです。又余計なお節介を焼くものです。その上しばらく様子伺い、会社から電話が掛かって来て慌てる様子を楽しむのだと言います。 「上級者のたしなみは、ここまで確認が必要です」ここまで言い放つのですから、普通の常識では推し量れません。

 

 

 彼に見せてもらった手帳には 場所 NO 車種 天候 社名 電話番号 特徴他が克明に記されています。会社によって特徴が出るんだそうで、馬鹿なことでも繰り返せば見えてくるものがあるんでしょう。

 

 彼に尋ねます。何故このような事に興味を持ったかと?

「人に対する尽きない興味」だとほざいておりました。

人の悪いあこう浪士様が、人の悪いやつだなと思うのですから、人の悪いやつです。

そして、世間には上には上があるものだとも思うことでした。

 

 

 はい、ついでにもう一丁。この人 借家業さんです。家作など沢山持っておられる方ですが、この方の趣味は 市役所いじり 。

 市役所といいますと、我々と違って都合が悪いからといって夜逃げするわけに行きません。立派な建物を建て住所固定の上、公僕の立場、下手は打てないのです。

 

              と、ここに目をつけた!

 

 

 大家さんですから、時間はあります。暇にあかして市役所に行っては、あれこれ言いがかりをつけてまいります。そうして年中市役所をおもちゃにして遊んでおるのです。

 どう遊ぶのか! ひとつは単語を一回ごとに相手の頭に刷り込んで行くそうです。長年そうしていると、ストーリーが出来てきて、思いどうりに動くようになるらしいのです。 ほんとかね?    もうひとつは何回も同じ事を繰り返し反復して行くとその考え方に近づくそうだ。 ほんとかね!

 

 この二人適当にあしらって、小ばかにしてやったのだが、 だがまてよ、どっかで同じようなことをしているやつに合った様な・・・・・

 

 釣り師はデータを取ります克明に。同じ場所に繰り返し撒き餌を打ち魚を餌付けします。年月を掛け飼い付場を作るのです。年月を掛けると見えてくるものがあります。明日はこの潮周りでこうしてああすれば、釣れるだろうとね!

 

 自分の趣味は真っ当で他人の趣味は悪趣味だと思っておったのですが、果たしてこの世に悪趣味など存在しないのでは無いかと、

分からなくな

 

 

ってくるのです・・・・・・・・・・・・

 

 ご婦人のパンツをかぶる趣味の方、我々のようにデータを取って、年月を掛けて深い考察をなさるのでしょうか!