読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣り師は短気といわれるが!

 いえいえ、全部がそうでは御座いません。 のんびりした方や注意散漫、他の事を考えている方、なかには釣りそっちのけで、本格的な調理器具を持ち込み昼ごはんに備える方もいらっしゃいます。足らないのは魚だけと相成って、いかにも美しい釣りをなさる方もおいでです。

 

f:id:akouroushix:20141003121632j:plain

        お大師「大ちゃん」私の友達で釣りの守り神様

 

 

 釣りなどと申しますのは世迷いごとの、ほんの人生の付け足しのようなものですから、頑なに、こうでなければならないということはありません。至って個人の思い込みで振舞えばいいだけのことです。

 

 釣り人というのはこれら全部ひっくるめた人を言います。上手も下手もです。釣り人はその中で大きく分けて、のんびりした人と短気な人に分かれて参ります。随分荒っぽい分け方ですが大体この二手に分かれます。

 

 

  釣りは魚を釣るために針に餌をつけます。当たり前です、子供でもそうします。

呑気な人になりますと餌を投げ入れてそのままにしている人が大勢です。 この状態ですと餌獲りの魚が心置きなく餌を掠めてしまいます。つまり水中では餌の無い針だけになります。 1年たっても2年たってもこれでは釣れません。これを業界用語で「空針で待つ」といいます。 客観的に見ると随分と「滑稽な」といわざるをえません。餌の無いのに釣れるのを真剣に待っているのですから。 

あらまあ、笑ってはいけません。  あなた方、知らないがゆえに笑われたことがありますでしょう? へへ、無いんですか? ほんとに・・

 

 釣りを称して「竿の先に餌、その反対側にあほな顔」といった人がありました。この状態で  あほ なのですから、えさが無い状態ではかなり上位のそれも極上物の あほ ということに成ってきます。ふふっ・・

 

 短気な人が釣りをする。 さあ忙しいぞ、餌を投げ入れるまでは一緒ここからが大きく違って参ります。      ええい食わん えさが古いか・・・!     ええい食わん  位置が悪いか!   ええい食わん  餌とられたか! とまあこんな具合にあらん限りの手を繰り出してまいります。下手な鉄砲でも数撃ちゃ当たる、これのどれかが当たるのが釣りですから、庄屋の娘も言うてみにゃあ分からんのです。

 

 お分かりですか? 短気の人が魚は釣れやすいということが。

 

                                       せっかちで短気な様は 極上物のあほ とどう違うか考えているところだ。