読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣り師が海で釣るもの

 昨日は時間があまり無くて書かなかったのだが、二つほどの出来事があった。

ひとつは写真があまりうまくない、どうにもぼけているので満足はしていなかったのだが,どうやら朝のたちこめた霧のせいだったらしい。カメラはやはり値切って購入するものではないと思ったが、ぼけているのはどうやらこちらの頭であった。

 

f:id:akouroushix:20141027113711j:plain

           たこの釣具 

 

 もうひとつは、一ヶ月前に気の利いた魚に引っ手繰られて竿とリールが海中に没したのだが、これがなんと仕掛けに引っかかって釣れたのである。

狭い範囲の釣り場だけに誰かが引っ掛けて釣り上げるだろうとは思っていたが、まさか自分が釣り上げるとは。

 

 

筏に同乗した人は過去に同じような経験が有ったそうで、それはその日のうちに針に掛かって釣り上げたんだそうだ、運の向きもこれは都合がよろしい。

道具に執着するあまり、船頭にいかりを引かせた人もあったが、これはいまだに行方不明だ。

 

 久方ぶりに手にする道具はやはり良く手になじむ。これは魚拓にでもとっておこうか。

 

  腕のいい釣り師が釣ると、釣り場では色んな物が釣れます。 傘 椅子 たわし 女性の下着 水着 どうしてこんなものが釣れるか分かりませんが、海はやはり豊穣なのだ。

 

f:id:akouroushix:20141027113939j:plain

 

 今まで釣り上げた中で一番驚いたのは「入れ歯」、それも相当長く海中に有ったせいかフジツボが付着していて入れ歯と分かるまでに難儀をしたことだ。

誰がどのような状況で落としたか知らぬが、ゆらゆらとおのが入れ歯が沈んでゆくのを見るのはどの様な胸中でありましょうや。

 

釣り場で釣り上げた物、それぞれ人が関わって思いも様々であったろう。記録しておけばとも思ったが、それはそれぞれ海中に有るのが収まりも良いように思える。そっとしておこう・・・・

 

 

近々ライブドアのブログを引き上げてこちら一本にしようと思います。特段があるわけではありませんが、相性とでも。 すでに読まれた方は重複しますのでご容赦を。