読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

釣り師の野点

 

 

 風流を気取ってみた。むくつけき男たちにも、かすかに現世の諸事とつながろうという気持ちは残っている。

 釣れぬ時間帯を見計らって釣り場で野点の準備だ!

 

f:id:akouroushix:20141012095159j:plain

           この中に色々道具を詰め込むらしい

 

 釣りは終日釣れるという物ではない、潮周り等、周りの環境によって時合(釣れる時間帯のこと)がある。今日はおまけに南の冷たい風だ、風雅を決込むのも一興だろう。

f:id:akouroushix:20141012101554j:plain

 

              まずは道具を並べて席を作る 

  

 

f:id:akouroushix:20141012101915j:plain

お湯を沸かして・・ ぶんぶく茶釜までは用意できない。

隣の筏を燃やして、お茶を立てたら、さぞかし本能寺の信長の心境か、なぞと戯言を言いながら・・・

もちろん、船頭の居ぬ間にですが。

 

 

 

f:id:akouroushix:20141012102834j:plain

 

日傘など到底準備できるわけは無い、そこはパラソルで、まあこんなもんだ

 

 

 

 

f:id:akouroushix:20141012103210j:plain

 

パラソルが壊れているが、まあこんなもんだ。 なかなかの趣ではある。風流 風流

 

 

 

 

f:id:akouroushix:20141012103731j:plain

f:id:akouroushix:20141012103951j:plain

さあお茶を立てて、大きな泡は消すようにするのが作法らしい。真ん中がこんもり盛り上がるようにするのも作法だ。抹茶のアイスクリームなど真ん中がこんもり盛り上がっている、へこんでいたらなんか貧相だな。

 

 

 

f:id:akouroushix:20141012104326j:plain

羊羹を切ってくれた。小さいほうは私で、なにやら講釈を言いながら大きいほうは一口で亭主の口の中に!  亭主というのは卑怯なやつだな!

あの、ナイフはさっきたこを絞めたやつではないか、洗ったか?まあいいか、風雅に風情に趣だ!

 

 

 

 

f:id:akouroushix:20141012104948j:plain

亭主はちょんまげサニーの高下君だ、お茶の世界では位はかなり・・・

 

 

 

結構なお点前で。といわなければ成らないくらいは猿でも知っている。それで終わりだ。

 

 

今回はお茶、そういえば渡船場の前のおばさん、大層な花を丹精しとったな、次回は生け花で行くか!

 

 

誰だ! 「野盗の茶会か・・・」という奴は・・・一寸来い!