読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

名人釣り師に魚が釣れないことが有るのか?

 

 

 

 

  

 「ぼうず」と呼ばれる、釣り師にとって最大の屈辱は、恐ろしいもので御座います。 ええ「おたこ」とも呼びますな。

 どちらもまるでその「毛」ならぬ、その「気」が無いことで御座いまして、一匹も釣れない、ああどうしよう・・・。・こういう状況になりますと、日頃の大言壮語の言い繕いに頭を悩ませて参ります。そして釣れなかった事で、なんとかしてと、人間業ではないくらい執着してまいりますから、げに恐ろしいのです。

 

f:id:akouroushix:20150713140418j:plain

 

 

 

 

 「ぼうず」を喰らう事、釣り師の中でも下の位の腕しかない釣り師には再々有る事で御座いますが、中くらいの位の腕では時々有ります。これが上位の名人釣り師に成りますと、何とかかんとか格好を付けてまいりますから、修練の技には恐ろしいものが有ります。

 

 さて出陣と、出航を待っている釣り師がたむろしております。気もそぞろにあれこれしゃべっておりますが、下の位の人は過去の手柄話が多いようで、これは、ふんふんと相槌は打ちますがだれも本気で聞いてはおりません。誰が人の過去の釣果など興味を持ちましょうか。

 中くらいの腕に成りますと今日はどうするこうすると課題や対策を話しますもので、それぞれ出口を探ってまいります。つまり技術のひけらかしに成ります。。中くらいの人の話は聞いてはおりますが、それぞれ自分の秘策と思惑に浸りきっておりまして、聞いてはいるが聞いてはいません。

 

 上手の人とも成りますと、そこはもう達観しておりますから、好々爺として人の話にうなずいております。今日の釣りの目算などとうに立っているからです。こうなりますと、釣りの技術の微調整だけが残る事となって、いつもながらの収まりの良い事に成って参りまいります。 

 

 魚といいますものは三度の食事をきっちりと食べる、毎日食べるというものではありませんで、人知の及ばぬ喰い方をするものです。喰わないとなったらてこでも食わぬときがあります。喰い方がよく分からないので追っかける、と言う事になってまいりまして釣り師は頭を抱える事となるのです。

 

 さて表題、名人釣り師に釣れない事が有るかどうか。

これは有ります。どうにも万策尽きて、その上魚がまったく口を使わない。名人と言えども手も足も出ぬ日があるものです。

地震・気圧の変化・カミナリ・水潮・潮廻り等々、原因は様々有るのですが名人と言えどもこのような日に当たるとそれは坊主を食らいます。

 

 さてさて名人が「坊主」と成りますと、釣り場はかなり和やかな事と成って参ります。落胆した釣り師で殺伐と・・・とは成りません、いたって和やかに成るのです。

その他大勢・村人その1程度の釣り師にとって、名人が坊主と言う事は自分が釣れなかった「立派な言い訳」が出来たのですから、これを喜ばぬ者などひとりもおりません。  名人と同等でありますし同じ傷を舐めあうにも都合が良いからです。これで収まりというものが付いてまいります。

 

 名人に釣れない事などほとんど無いけれど

 名人が坊主になったら

 みんな又釣ろう、と生きる望みが・・・・ああ・つながった。

 

 

 

 

 

 

akouroushix.hatenablog.jp