読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

ぼうずを喰らった釣り人が魚を貰います。 家に持ち帰ったらこう言うのです。

 

 

 「こりゃあわしが釣った!」と言うに決まっています。

 

 「今度はいつ行きますか?」と釣りを始めて間もない釣り人が訪ね来て、次回の釣行日を探ってまいります。

この釣り人、車を持たぬ上釣りのことなどかなりおぼつかない事もあって、浪士様の事を籠かきのインストラクター扱いとしてまいります。そうです釣場に運ばせた上釣り方を教えろと言うわけですから随分と厚かましい釣り人もあったところで御座います。

 

 

f:id:akouroushix:20150928134125j:plain

 

 

 浪士様といえば、そうは申しましても敵は素人同然、何を言ってもどう振舞おうと赤子の手をひねるようなものですから、便利に暇つぶしのおもちゃにしてまいります。

 

この御仁、同じ様なスタイルで釣りをいたしましたのは10回ばっかり、駆け出しとはこのことで釣果は伴いませんが、釣りが面白くてしょうがありません。やいのやいのとキツツキの様にせっつくので御座います。

ここはしぶしぶ、あんたが言うから付き合うかともったいぶりまして、恩のことなど思い切り高値で売りつけてまいります。

 

 このキツツキ男と申しますのが基本的なことが分かっておりません。釣り道具など一応表面はそれなりに整っておるのですが、これがどうも全体の調和が取れておりません。非効率極まりない代物と成っておりまして、釣り人を混乱させるのです。

 

 釣場におきましても、道具など散乱いたしまして、何が何処にどう有ってどうなる等、一向にはかどりません。これに下手な腕が付いてくるのですから、魚などよほど出来の悪い奴がたまにしか釣れては参りません。

 

 キツツキのの釣りはどういう釣りかと申しますと、まず魚を寄せようといたしますがこれが成っていない。自分の都合で作業いたしますから魚など見向きもいたしません。

そこを精魂込めて一心不乱に釣るのですから糠に釘打つ釣りとなるのです。そうです魚がいないのに一所懸命なのです。

魚を寄せて懸命に成るのが常道なのに空打ちの的外れなのです。

 

 まあこのような事でありますから魚を釣るといいましても、散々魚を驚かせて散らしてまいります。一所懸命に釣れなくするのですから、この御仁は一体全体何をしにこの場に参ったか、それは理解に苦しむ事です。

 

 浪士様は魚を分け与えます。なに、武士の情けでは御座いません、手ぶらのぼうずで狩りに出たおとっつあん、体面も有りましょうし何分次回釣りに出るとき細君などいい顔をし無いでありましょうから充分な取り繕いを算段してやる事です。

 

 結構な量の魚を持ち帰らせます。どのような事態に成るかと申しますと・・・

 

「こりゃあわしが釣った!」から始まりまして、母ちゃんニコニコ家庭円満、近所のおじさん酒の肴の宛がいぶち、親類縁者の愛想顔、どちらも顔相など崩れてまいりまして、町内のその一角だけお祭り騒ぎと相成って参ります。

 

 無理もありません、今まで釣りに出かけてはろくな釣果もなく帰ってきたものが、突然「魚屋」ごと持って帰るのですから、これは青天の霹靂です。

 

 後日事情聴取をいたしましたところ、どなたも満面の笑み、キツツキは面目を保ち久し振りの父権の復活を果してまいります。これで次回釣行はつつがなく出立できるというものです。

 大いに味を占めた取り巻きの華やいだ風情は、キツツキの釣りを後押しするに違いありません。ただ、華やいだ中で一抹の後ろめたさを抱えたキツツキがいたのはいうまでも無い事です。

 

  さて釣りと申しますのはこのように、地上の人間をも釣ってまいらねばなりません。

 浪士様と同行しなければ、体面など一瞬の内に消え去るキツツキ、次からは重たい道具の一式など運ばせてやりましょうか。

 

 

 

akouroushix.hatenablog.jp