読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備後「あこう浪士」  釣り場の周辺

  釣り場は釣り師の巻き起こす喜怒哀楽に満ち満ちて・・・  さて 事件は釣り場の周辺で起こってまいります!

疑って疑って猜疑心の塊に成れば釣れて参るものです!

 

 

 天高く釣り師も肥え太っておりまして、それは世間様となんら変わることが無いところで御座います。

秋は季節柄陽気などもよく、食物も実る事からいたしまして釣り師もその恩恵にあずかってまいります。

 

f:id:akouroushix:20151015154931j:plain

 

 

 世間向きには普通の常識的な何処にでもいる社会の構成員で御座いますが、釣り師たるもの釣り場に赴きますと、これが頭髪の先からつま先まで猜疑心の塊と成って参ります。

そうです、疑り深いことこの上なし、信じない事この下無しということに成りまして、朝から晩まで疑い深い事で御座います。

 

 釣りと申しますものは、魚を掛けて成立いたしますが、いかんせん魚が餌を口にするところは見えません。海の底もどうなっているのか推測するしか御座いませんで、思わぬ障害物など知るよしも無い事で御座います。

又釣りをしておりまして寄せ餌に魚が寄ったかどうかこれも見えては参りませんで、釣り師の関心はここに重きをおきますから、これも心配の種と成って参ります。ある時など釣り座の下から海底調査の潜水士が浮いてきたことが有りまして、こうなれば釣れては参りません。まあこれは疑っても万に一つのことでございました。

分からぬ事はやってみなければ分かりません。海底が魚が寄らぬ地形だろうか、餌がもう無いのだろうか、動かさねばいけないのかなど猜疑心を振り払うには色々試さねば成りません。そのうち何かが当たって釣れますと、それが釣り師の一手と成って参ります。

 

 多くの釣り師の猜疑心と言いますものはこれは海底に向かいます。たまに地震でも有って魚が喰わぬのかなどと外に向かうことは有りますが、おおむね海中と言う事です。

 市原さんと言う釣り師がおりましてこれも疑ってまいるところです。

この人の猜疑心は少々変わっておりまして、海中ではなく海の上に生息するほかの釣り師に向けられます。

何でも昔師匠に付いて釣りを習ったのはいいが、師匠の流儀を押し付けられるので嫌になったそうだ。

今まで釣れないから習おうとしたのだが、あるとき自分流でやるとこれが釣れてまいります。これこれと思って師匠と釣っておりますとそれじゃあだめだと言われます。師匠の手前、従わざるを得ない事となって嫌になったところで袂を分かちます。

誰でもやりたいようにやって納得したいものです。たとえ釣れなくてもです。

 

  それからです。市原さんは誰の言うことも聞き入れません。もちろん釣りに関してですが。

彼の釣りは一度大釣りした時の一手のみが釣技と成っておりまして、頑固一徹この上ないところで、潔いと言えばその通りなのです。この釣り方は嵌まればそこそこ釣れますが、世の中と釣りはそう甘くは出来ておりません。

普通釣り師とも成りますと、これで駄目ならあの手でと、有らんばかりの手練手管を繰り出してまいります。その日の状況で魚の喰い方も釣り方も変わってくるのですから、経験に裏打ちされた数手が必要に成るのです。

 

「市原さんよう!・・そんだけ動かしたら、魚が餌に喰いつく暇が無いで・・一寸止めて待ちなよ・」

「そうじゃな・・・」

と言って人付き合いの手前しばらくは竿が止まっておりますが、何のことはありませんすぐに えっちらおっちら、せわしなく竿を動かしてまいります。

 

 見るに見かねた釣り師が何人も口出ししたところですが、一向に改まりません。猜疑心が筏の上の釣り師に向いているのですから、改まるわけも御座いません。

今日も明日も、虎の子のえっちらおっちら釣法で立ち向かうのです。

 

  たまにしかそこそこの釣りができない市原さんですが、年に数度気の利いた釣りに成ります。それは条件が彼の釣り方にぴたりとはまる、そんな日があるのです。

そんな日は、神様が気の毒にと思って釣らせるか、神様の横を美人が通り振り向きますそんな隙に釣れて参るのは間違いありません。

 

 市原さん海の底に疑いを持てばもう少し釣れるのにと皆思うところだ。

 

 

 

akouroushix.hatenablog.jp